なぜか表に全くでてこない藤沢涼氏によるコンサル企画、
Ryo’s Partyの評判を、同コンサル生に対するインタビューから
炙り出していこうという記事の続きです。
 
5名以上のコンサル生と連絡がとれましたが、
少なくともその人達に関しては全員稼いでいるとは
言えないレベルの収入となっていたことは既にレポートしました。
 
ただ一方で、藤沢涼氏の教えでちゃんと稼いでいる人もいる、
という情報も得ることができました。
なので、両方の情報をフェアにお伝えしていこうと思います。
まずは、辛口なコメントをいただいた方々からの情報です。
ちなみにそこまで辛口なコメントをしている人は多くなく、
(そもそも聞いている母数が少ないので)
数名からのコメントとご理解ください。
それでも、その数名のコメントの内容がほぼ一致していることから、
Ryo’s Partyを検討中の方にとっては傾聴に値するかと感じます。
コメントと、私自身の感想を織り交ぜて以下、紹介します。
 
「30万円を支払って1年以上経っても月に数百円のリターンなので
 藤沢氏の指導力には問題があると言わざるを得ない」
 
「実際に教えてもらえる手法は、無料で手に入るものばかり」
 
確かに1年以上経っても成果を上げられないというのは、
一般社会で考えればあり得ないレベルの不良サービスですね笑
今時はネットで稼ぐ系の情報はいくらでも無料で手に入りますから、
そういう時代に価値を提供するのは先生も大変ですよね。
いずれにせよ、30万円の価値はない、という意見ですね。
他にも、結構辛辣な声もありました。
Sponsored Link

「生徒一人一人に合わせたオーダーメイドのカリキュラム、
 という言葉に惹かれてお金を払ったが、
 残念ながらカリキュラムは画一的で、
 一人一人に対する懇切丁寧な指導というのは無い」
 
藤沢涼氏の売りはオーダーメイドのカリキュラム、
ということのようですので、このコメントが事実だとするならば、
誇大広告であり、詐欺と言っても差し支えないかもしれません。
ただですね、これに関しては真逆のコメントも存在しました。
なので、一概には言えなさそうです。
それは今度、ポジティブ編として情報共有しますね。
 
最後に、一番辛辣な長文コメントも紹介しておきます。
 
「藤沢氏は、既得権益の塊であり、過労自殺を生む電通を自らの意思で辞め、
 個人の時代を自らの力で到来させるという社会的使命のために
 古巣を糾弾する!と息巻いていますが、ちゃんちゃら可笑しいと思います。
 そもそも藤沢氏が何をしようが社会的には全く関係なく、
 個人の時代というのは時代の要請ですので勝手に到来します。
 彼がやっているように、30万円も搾取して価値を生まないということの方が
 よっぽど社会的には犯罪的所作だという事実を、全くご本人は認識されていません。
 彼の言葉を借りるなら、一人一人に対するきめ細かいサポートをせずに、
 無料で手に入る情報を30万円で売るという彼のやり方の実情を知り、
 それを社会に伝えることができる数少ない人間の一人として、
 次の犠牲者が彼のコンサル生だけでなく、その他多くの
 詐欺師達のコンサルで出てしまわないように、再発防止策の一環として
 敢えて糾弾するコメントを返信させていただきます。
 彼の日頃の綺麗な情報発信からは、実態を伺い知ることは不可能です。
 元電通マンですから、自己ブランディングは完璧なのです。
 彼が罪を犯している以上、その罪を知っていて発言しないことの方が、
 私は罪が重いと考えました」
 
何度も書いている通り、全てがあくまで人伝ての情報ですので、
真偽のほどはわかりません。次回の記事では、インタビューを通じてわかった、
彼のコンサルのポジティブな面についても紹介していきたいと思います。