シャープの戴社長が、社員に3万円を感謝のしるしという形で
配布したことがネット上では話題になっています。
話題になっているというか、もうこれ、面白いぐらいに
シャープや戴社長を賞賛するコメントだらけです。
戴社長って温かい人だったんだね、とかいうコメントもあり、
いやぁ、改めてネットのコメントってバカ丸出しだなと思いました笑

ネットで積極的にコメントする層ってどんな層なのか、
という議論は結構あって、世の中の大部分はコメントしない、
ということを示すデータがいくつも存在します。
つまり、ネット上でのニュースに反応するコメントというものには
所謂「代表性」というものは無い、と読めるデータですね。

ネット上では皆さん金一封が配布されたことで大絶賛、
ということになってますが、実際ネットでコメントをしていない
ROMの人達はどう思ったでしょうか?
別に何とも思わない、ということで静観する人が多いのが実態でしょう。

だって、大企業に勤めている人にとっては、
あるいは中小企業だとしても、金一封を社員に配布する、
という文化は大昔から一般的ですものね。
もちろん今回目に見える形で配布している点が面白いですが、
まぁ、どうやらネットの皆様は金一封自体が素晴らしい、
という解釈のようなのですよ。

この事実を見るだけでも、ネットでコメントする人達っていうのは、
要するに社員に金一封を支払う余裕が無い、
比較的中小企業、中でも割と弱小企業に勤める人、
もしくは企業で働いたことが無い人、
つまり学生や学校の先生、あるいは主婦、
ということが容易に想定されますね。

一方で、金一封を支払う余裕がある大企業に勤めている人達は、
きっとこう思ったことでしょう。

Sponsored Link

なんで金一封ごときでネットの人達は大騒ぎしてるんだ?笑

と。

そして次にこう思うはずです。

これは、戴社長が敢えてメディアにリークしたんだろうな、と。
正確には戴社長本人ではなく、社内の広告や広報部門が
広告代理店を使って広めた情報だろうとは思いますが、
要するに、戴社長やシャープは、
日本人の大部分を占める付和雷同しやすい人達が
ネットで積極的に投稿するような体力の無い中小企業勤務の人達に
多いであろうことを熟知しているんですよね。

だから、敢えてネットでこの情報をリークさせ、
「感度が良い下の人達」にシャープ礼賛、戴社長礼賛、
という文脈で情報が拡散するように仕組んだわけです。

そうすることで、少なくともネット上は、
最近はネガティブなニュースばかりだったけど良いニュースに見えますし、
さらにはそういう賞賛を見て、シャープの社員達も悪い気もしない。
当初リストラを断行した戴社長本人も良い人に見えてくる笑

簡単なんですよ、日本人は。

温かい人、というか、明らかに計算高くしたたかな実力派経営者でしょう。
念のため言っときますが、褒めてますからね?笑
こういう経営者がいれば、シャープはしばらくは大丈夫かもしれないですね。

一方でダメなのは、こういうことも見抜けずに、
手放しで賞賛する日本人でしょうね笑

ああ、情けない。そりゃ他の国にどんどん企業も支配されてくよ笑