前回、私が年収5,000万になるまでに実践した5つのこと、
つまりポミー式年収倍増メソッドについて公開しました。

 

公開と言ってもまだ詳細には至っていませんが、
それらの5つのブレークスルーからなるメソッドは
全てが正攻法であるとも書きました。

私は、そこまで労力を使わずして
年収を倍増させる超簡単な方法が
世の中には3つあると考えています。

1:美貌を使う
2:無料オプトインを極める
3:投資する

上記3つは、自分の時間という投下する資本に比して
稼げる額がかなり大きくなる可能性を秘めています。
もちろん、それぞれ超簡単かというと厳密には
そうでもないかもしれませんが、それにしても稼げます。

1の「美貌を使う」は特に女性に許される稼ぎ方です。
倫理的にどうなんだという話はありますが、
私のように年収5,000万を超えてくると
タレントのような美女から(実際にタレントだったりしますが)
最近流行りのパパ活のような依頼、山ほど来るんです。
女性は、自分の美貌を活用して、金持ちの男に近づけば、
一回の食事をするだけで食事代とは別に1万円は軽く稼げます。
まさに朝飯前というやつです。

ただし、先にも書きましたが、倫理的にどうなのかと。
その仕事、家族や友達に言えますか?っていう話です。
私が仮に女性でも1の仕事を選ばない理由はそこです。

次に、2の「無料オプトインを極める」方法です。
やり方としては、詐欺臭がプンプンする稼げます系の商材を
自分が持っているメディアを通じて宣伝するのです。
その商材の情報を知るために顧客はメールアドレスを登録します。
その登録一件ごとに報酬が発生します。
メールアドレスの登録など、無料な上に捨てアドOKですから
誇大広告につられて「楽して稼ぎたい層」はガンガン登録します。
最近では一件あたりの報酬が3,000円とか超えますので
3件獲得するだけでもう1万円弱の報酬になります。

ただ、問題があって、この無料オプトインで紹介されている商材は
そのほぼ全てがハナクソみたいな内容で、はっきり言って詐欺なのです。
無料オプトインで大きく稼ぐとうことが意味するのは、
人々を騙してお金を得ることに等しいのです。
この手法で荒稼ぎしている人、沢山います。メチャクチャいます。
でも、やっぱりこれも1と同じで、詐欺を仕事にしているなんて
家族や友人に言えますか?と言う話なんです。

1や2は、確かに稼げるかもしれないけど、
全く尊敬されないのです。
無料オプトインを成約させるポイントは発信者のブランドです。
中には綺麗なイメージを作るために自分の奥さんやお子さんを
自身のメディアで登場させる人もいますけど、
夫やお父さんが詐欺師って、どんな気持ちになるでしょうか。
物心ついた子供だったら絶対いじめられますよね…
私はやはりこの手法は選ばないのです。

3つ目の「投資」は毛色がちょっと違います。
これについては様々な投資商品が世の中に存在していて
投資先がどうなるかなんていうのは誰にもわからないものの、
ある程度の金融知識を得たり経験を積んで猛勉強すれば
負ける確率を極限まで下げることはできます。
サラリーマンでもやっている人が多いでしょうし、
ある程度のお金が溜まったら長期的に運用するのが絶対にお勧めです。
長期的な株の運用であれば負けることは理論上ほぼありませんから。
(細かい説明は省きます)

でも、これも私は本業にはしません。せいぜい副業です。
理由は、自分が成長している気がしないからです。

私のメソッドはこれらのどれでもなく、
極めて正攻法と言えます。
その本質というのは、以下の通りです。

Sponsored Link

私の基本理念は、様々な人と出会い、
その人達から得られるものを吸収して、
自分の成長に繋げたい、という考え方があります。

だから、プロとしてお客様のために相談しながら
チームでプロフェッショナル達が組みながら
資産運用するならともかく、自分が稼ぐという目的のために
もくもくと個人作業で実践することを本業にするということは
そもそも私の理念とは合わないのです。

だから、私は正攻法でいくのです。

サラリーマンとして強制的に日々様々な人と出会い、
時には摩擦を生みながら仲間と、時には取引先と
チームとしてプロジェクトを成し遂げる。

そこには間違い無く、ドラクエのような成長があります。

ドラクエだって、最初は一人ですが、
経験を積むと強くなり、仲間が現れて一緒に戦い、
一人では到底倒せないボスを倒せるようになる。
これってまさに成長そのものです。

ゲームの世界も良いですが、リアルの世界でこれをすれば
自分の人間としての幅が広がり、
素敵な人達が目の前に沢山現れるようになります。
実際、自分にできることがどんどん増えていきます。

私は、この感覚を大事にしたいのです。

最初に挙げた3つの方法を、もちろん否定はしません。
ただ、私の考え方に合わないだけです。

さて、そんな考えが私のメソッドの本質としてあります。
この考えい共感される方がいらっしゃれば、
私のメソッドはかなり参考になると思います。

では次回、ブレークスルーを全て紹介していくことにしましょう。