東京医科大の一般入試で女子受験生が一律減点されていたらしいです。
この一報を聞いた途端私なんかは、

「な、なんてこった!ひどい!」

と頭ごなしに思いました。
が、大学側の釈明を聞いて一理あると思ったのも事実です。
その説明とは

「女子は卒業後に結婚や出産でやめるケースが多く、
 大学病院は男性医師が支える意識が強い」

とのことです。

この説明がもしもデータに基づく事実なのだとしたら、
あまり大きな声では言えませんが、私は考え方自体は納得しました。
結婚や出産でやめること自体は全く問題ないとは思いつつ、
仮に男女同比率で採用していた場合には、医者の数が逓減していき、
世の中の命を救える可能性が下がるということですからね。
だとしたら今回の大学のやり方は
あたかも男女等しく合格の可能性があると見せかけながら
実際はそうではないので詐欺と言われても仕方がないかと思いますが
もしも大学側が言うデータが事実なのだとしたらば、
人材採用戦略的には正しいと言えると思っていました。

つまり、男女差別の問題と、
採用戦略の問題は分けて考えなくてはいけない、と直感的に思いました。

そしてその考え方を裏付けるように、
西川史子さんがサンジャポで、女子一律減点は当たり前、
という発言をしたのです。
ネットではボロクソ書かれていますが、
私も生放送を見ていたので雰囲気わかりますが、
ここで彼女が言った「当たり前」というのは

「減点して当たり前」

というニュアンスではなくて、

「色んな大学がやっていること(=世の中的に当たり前に行われていること)」

という一般論を述べたに過ぎませんでした。
それをメディアが悪意を持って前者のような書き方をするから
おかしな伝わり方になっていくのです。

つまり、こういうことかと。

Sponsored Link

西川史子によれば、点数を上から取ると女性ばかりになって、
世の中が眼科医と皮膚科医だらけになる、とのこと。
外科医になる男手は一定数必要である、という話でした。

つまり、男女の得点調整は、
世の中への影響を考えると実は必要悪なのでしょう。
仁義的に何だかおかしくても、実際はそちらの方が
より多くの人が得をすること、世の中に沢山ありますよね。

となった時に、男女差別は全くもってけしからんけど、
いかに採用戦略をオープンにして、
受験者に納得してもらった上で受験してもらうか、
要は対外コミュニケーションが重要になる、ということなんでしょうね。
差別の問題と、コミュニケーション含めた採用戦略は別で考えるべし、です。

いや〜、しかし自分も思い当たる節ありますね。
私自身も新卒の採用面接をやったりしますけど、
確かに女性は超優秀ですもんね。特に新卒採用の現場だと、
きっと女子大生の方が大人と話慣れているからなんでしょうか、
緊張してカチコチになる男子学生と、
流暢に大人と意思疎通が図れる女子学生であれば、
そりゃ普通にやれば女性の方が多くなりますよ。
そして実際私も女性にばかり高得点をつけてしまいます。
(だって実際優秀なんだから仕方ない)

あれ、じゃあ弊社に女性ばかりかというとそうでもないぞ??
最近男女比率は半々になってきた気はするけど。
昔は男の方が俄然多かったような…

あれ?ということは、やはり女子が一律減点されてる?
というか、日本の会社って未だに男の方が多いのでは?
あれ?

さて、これはもはや他人事ではないですね。
正解などその組織によって違うし、
国やその国の文化によっても違うんでしょうね。
示唆に富んだ事件だなと思いました。

ちなみに、実態として女性が望ましい職業であっても、
法律的には人員募集の時に「女性限定募集」とかって、
書かない方が無難らしいですよ。男性を差別することになるから。
昔地元のスポーツセンターの受付募集のチラシが入ってて、
やりたいですって電話したら「女性しか受け付けてません」って
断られて、じゃあチラシにそう書いとけよ!って思ったけど、
それやると男性差別になっちゃうから書けないんですよね。
(ってか今になって思えば実際そのスポーツセンターも差別だよねw)

別に東京医大の肩を持つわけじゃないけど、
実は最初から男女比率を発表すること自体も
違法性があることになるんじゃないかしら?
(すみません、完全に憶測ですが、上記の例に照らせばそうなる)

だとしたら、やっぱり裏で内緒で男女比率を操作するしか
なくなるんじゃないだろうか。法律の限界かな。