私は日系企業勤務で、会社から貰う給与が5,000万円を
超えていることについては既に書かせていただきました。
とは言え元々この水準だったわけではなくて、
元々の給与を、私が編み出したポミー式メソッドで
3倍程度にまで伸ばした、ということも書いてきています。

復習のために記しますと、
会社員として給与を倍増させるための元本とも言える初任給や
そこから先の昇級カーブも重要ですので、
一つ目のブレークスルーとして、当たり前のことなのですが

「給料が高い企業に就職する」

というステップがまずは必要となります。
そのためには新卒であれば就活、そうでなければ
転職活動や中途入社のために「自分を売り込む技」、
言わば自己マーケティングを身につける方法があり、
その方法についてはこちらにまとめました。

このマーケティングの技術は極めて重要で、
就職も上手くいくのはもちろんのこと、
入社後も業務効率が格段にアップするだけでなく
課題解決に力を発揮することから自分の評価も高まります。
正確に言えば、自分の評価を意図的に上げることも可能になります。
これにより、勤務先によっては賞与に大きな差が出ます。
そこでまずは年収ベースで400万程度のアップが可能になります。
どうやって自分の評価を上げるのかは追って記しますね。
ちなみに、この自分の評価の上げ方が、
私にとっては大きなブレークスルーとなっています。

自分の評価を高めることを前提としつつ、
次に極めて重要な要素は「英語の習得」です。
「英語の習得」は非常に重要ですので
以下とこの記事以降でじっくり説明していきます。

Sponsored Link

日本人は英語が苦手と言われています。
それもそのはず、日本語と英語は何もかもが異なるからです。
ところが、様々な調査で明らかにされていますが
英語ができる人の年収はそうでない人の年収に比べると
著しく差ができます。まぁ、一部の外資系企業が
その統計に入ってきてしまうことから、
そりゃそうだろという話もあるのですが
その部分を差し引いても、明らかな傾向と感じます。

そもそもビジネスなんて英語を話す人達の論理で動くわけで、
さらに言えば日系企業の主戦場ももはや海外なわけです。
英語ができないことはハンデにしかなりません。

そのうちAIで何とかなるだろうと言う言説も多く、
正直私もきっと翻訳蒟蒻みたいなものができると
信じて疑いませんが、残念ながら現実問題として
翻訳精度の道のりが「100」あるとしたらば、
現時点のAIによる翻訳精度はまだ「1」ぐらいのものです。
観光レベルとか、ちょっと楽しく外国人とお話する、
というレベルでしたら充分なレベルになりつつありますが、
お金が絡むビジネスとか、その際に重要なマナー、
感情も含めたプロトコルなどは残念ながら
全く今のAIでは太刀打ちできていません。
繰り返しますが、いつかは言語の壁はなくなるでしょう。
でも、今はまだその時ではない。それだけです。
そしてそんな今を生きる我々にとって
英語を自分で操れないことは大きなハンデです。
年収も下がります。リアルに半減します。

私自身、今でこそ英語を操ることができますが、
大変苦労したのは事実です。
ですが、目的とやり方を誤らなければ、
その目的の達成は難しくないはずです。

これから私が記していく英語習得の目的は
「自分の年収を上げること」と設定します。
「外国人と仲良く交流すること」とか、
そういう目的ではありません。
(結果としてそれは可能だと思いますが)

そのために理解しておくべきこととして、

  • 年収が上がる英語力とは
  • ビジネス英語と学校で学ぶ英語の違い
  • リスニング

これらのポイントを押さえていこうと思います。
その後で、英語を使って年収を倍増させる方法について
入っていきます。