さて、前回の自分の評価を上げる方法
というところで、その方法の一つとして挙げました
会議で自分のバリューを出す方法、という話ですが
まさにタイトルに書いた通り、
会議で発言すること、言い換えれば日頃の会議で
自分の存在感を出すことが重要ということになります。

そりゃそうですよね。
発言する人としない人を評価する上司としては、
発言しない人の評価は付けられません。
発言することで評価が下がってしまう可能性もありますが
評価というのは業績も含めた複合的な要素の
組み合わせで一般的には決まってくるものですので
そんなことを恐れて発言しないよりは、
発言した方が年収を上げるチャンスは掴みやすくなります。

と言いつつ、日本人は会議で発言することが極度に苦手です。
これにはいくつか理由が考えられますが、
国籍が異なる人達と仕事をしている私の感覚では、
文化的な要素も結構大きいのではないかと思います。
何と言っても日本人は「和」を重視する文化なわけですから、
どうしても心の中で、

「今こんなことを言ったら変に思われるんじゃないか」

「みんなの邪魔になってしまうのではないか」

などと、ついつい空気を読んでしまうんですね。
まずはこの空気を読んでしまうという
発言することに対する心理的な障壁を取り除くのが一つです。

そのためにはまず、自分が思っていることは
実はみんな言わないだけで共通の疑問だったりする、
ということを理解することです。
それと、万が一変なことを言ってしまったとしても、
そんなこと、会議の後になれば誰も覚えていないのです笑
誰も言う程あなたのことなど気にしていないんです笑
ということを理解すること。
そして最後に文化は違いますが、この先必ず、
日本人は世界と仕事をしなくてはいけなくなりますので
そうなった時にビジネスを動かしている特に欧米人の文化は
「発言しない奴に価値はない」と考える文化であることを
理解することです。
発言しないことでクビにされてしまうかもしれません。

日本では発言しないことでクビになることは
今のところ滅多になく、ある意味、
従業員は甘やかされているわけですが、
グローバルスタンダードではあり得ることですから
この点はしっかり理解しておく必要があります。
そうしないと世界とのビジネスの現場で瞬殺されてしまいます。

ということで、心理的な障壁は一刻も早く除去すべきです。

その上で、発言できないとしたら、
それは自分のマーケティング力の無さが原因です。
まずはここまで書いてきたようなマーケティング
理解した上で、以下のように働き方を変える必要があります。

Sponsored Link

会議で発言できない場合、
まずはその会議の目的と成果物が明確になっているか、
確認する必要があります。

場合によっては、会議を招集した人自体が、
その打ち合わせの目的と成果物を設定していない可能性もあります。
その場合は、参加者が発言すること自体難しいです。
ちなみに成果物というのは

「何がどうなったらその会議は終わるのか」

という話ですね。
これが設定されていない会議は終わりません笑

万が一そういうイけてない会議に招集されてしまったら、
臆せずこう言いましょう。

「この会議の目的と成果物って何でしたっけ?」

これだって充分立派な発言になります。

その上で、何を発言していくかですが、
当然のことながら目的と成果物に寄与する
自分の考え方をその場に応じて発言していくことになります。

が、それを即興でやるのはなかなか難しいです。
よほどの天才なら別ですが、普通にそこそこ難しい。

なので、一番良いのは、会議の前に
ある程度自分の中で答えを出してしまうことなのです。

会議の目的というのは往々にして課題の解決ですから、
その課題を解決するための真の課題がどこにあるのか、
3CだったりSWOTだったりで探ります。
真の課題が何かについてある程度見えたら、
アイデアは意外と出てきやすいものです。
とにかく事前に課題と解決策まで仮説として考えておくことです。
それを打ち合わせの流れに応じて出していき、
チームでその仮説の検証をしていくのです。

会議の前に準備をしておけば全く発言できない、
なんてことなどあり得ません。
最高に上手くいけば、その会議を主導することも可能です。

会議の時間と言うのは昨今どんどん短くなっていますし、
サラリーマンにとって重要な局面でありはしますが
短期決戦になっていくことは明らかです。
そこでしっかり存在感を出すのは難しいことに違いないですが
上記のように手順をしっかり踏めばあとは場数で慣れます。

そうなったら自分の評価を上げる日頃の準備はバッチリです。
次回記す、書面上での上司へのアピールをしていけば良いのです。