今日からは、少し前に書いた
年収が上がる英語の学習法」について
その中身を明らかにしていきましょう。

年収が上がる英語力を身につけるというのは
もちろん仕事に使える英語力を高めることです。
ところがこの英語力というのが
どの程度のレベルの英語力のことなのか
初心者の方にはさっぱり分からないようです。

企業では海外業務を担当できるレベルの見極めでは
TOEICのスコアを基準にするケースが多く、
800点以上とかって言われますよね。
700点以上っていうところもあるかもしれません。

ただですね、このスコアっていうのがなかなかにクセモノで
TOEICの点数が高くても英語話せない人、
世の中に沢山いるんですよね。
学校の英語の試験が満点でも話せないのと同じです。
英語は結局のところ実技だっていう話です。

さらに言うとですね、英語は世界言語になってしまってますが
イギリス人とかアメリカ人みたく所謂ネイティブ並に
完璧に話せる人って、そこまでいないんですよね。
ビジネスの現場で日本人が英語を話す時も、
とにかくみんなへたくそですし、
多くの外国人も日本人ほどへたくそではないですが
彼ら彼女らの英語レベルは文法的にも、発音的にも、
単語レベル的にも、正直みんな「そこそこ」です。

それもそのはず、
英語はもはや世界中の人が話す言語なので、
今や様々な形が存在してしまっているのです。
シンガポールなんかシングリッシュとかいって
独特な発音や意味のない発音があったりすらします。

つまり、世界標準語としての英語は

「非ネイティブな英語」

なのです。

日本人はどうしても完璧な英語を話さなくてはいけない、とか、
ネイティブ並の英語力がないとダメなんだ…、
という発想になってしまうのですが、
その考え方は現実的には辞めた方が良いです。
よほど幼少期から海外にずっと住んでいるなら別ですが、
まずネイティブ級になんかにはなれませんから笑

さて、すると、英語学習の肝は以下のようになります。

Sponsored Link


一番重要な意識は、伝わる英語を意識することです。
英語がわかるようになると認識できるんですが、
発音がメチャクチャ上手な日本人だって、
実は話している英語自体は結構メチャクチャなんです笑

でも、その流暢さを裏支えするものは
「伝えたいという気持ち」と「自信」です。

「伝えたいという気持ち」があれば、
英語話者は意外とこちらの意図を
汲んでくれることが多いです。
お互い第一言語ではないわけですから、
上手く話せる方がそうではない方を
慮って理解しようとしたりとか、
ゆっくり話してくれるという場面は
実は結構ビジネスの現場で見られることです。
だってお互いが理解しないと話が進みませんからね笑

そしてもう一つ重要な「自信」。
発音が非常に独特なインド人や、
英語が第二言語でとてもじゃないけど
文法も発音もメチャクチャに話してくる
アジア諸国の人達でさえ、実に「自信」満々で話します。

伝えよう、という気持ちがあって、
そして伝わるんだ、という気持ちがあれば、
自ずと自信満々に話せるようになるんだと思います。
日本人は完璧思考が強いために
少しでも間違えたらいけない、と萎縮しますが、
彼らは未完成な英語で自信満々に捲し立てます。

それで良いですし、それがグローバルスタンダードです。

仕事に使える、年収が上がる英語力とは、
「非ネイティブの英語」であり、
「伝えたいという気持ち」と「自信」によって成立する、
実は日本人が思うよりはずっと簡単なものであるということを
まずは指摘しておきたいと思います。

次回は、学校で学ぶ英語とビジネスで学ぶ英語の違いについてです。